Want to be a Web Designer?

Webデザイナーになれば、安泰?

あなたはデザイナーです。案件を受ける度クライアントから
「安くしてよ」「コーディングできたらセットで発注するのに」
と言われ、困ってしまいます。

e.png

あなたなら、どう行動しますか?

1.コーディングスキルをつける

4.片っ端から連絡しコネクション作り

2.高かったかな…。とりあえず安くする

3.自分の作品サイトを変える

5.別の案件を探す

6.SNS発信に力を入れ、魅力を感じてもらえるようにする



​・

正解は、人それぞれですが
​おすすめはこちら

1.コーディングスキルをつける

​△

2.高かったかな…。とりあえず安くする

​△

3.自分の作品サイトを変える

4.片っ端から連絡しコネクション作り

5.別の案件を探す

6.SNS発信に力を入れ、魅力を感じてもらえるようにする

「自分を安売りしない」ために

①「安くする」より、

どうやったら高く売れるかを目指す。

②「新しいスキルを身に着ける」より、
自分に魅力を感じてくれる人に出会うために行動する。

ということが、クリエイターを継続する上で、最も重要です。
「デザインが上手くなれば、条件が良くなるはず」
「コーディングができるようになれば、報酬が上がるはず」は、間違い。
質が上がっても、数が増えても、評価されなければ待遇は上がりません。

i.png
bg_02.png

Design or Cording

「コーディングできないと不安」は、本当か?

じゃあ、デザインだけで仕事ってあるの?

デザインの仕事は沢山あります。

①Webサイトのデザイン(のみ)

②LP(商品紹介Webサイト)のデザイン(のみ)
③紙媒体のグラフィックデザイン
④LINEリッチメニュー、Instagram・SNS・ショッピングサイトの説明デザイン等
⑤デザイン進捗管理等ディレクション

「一回作って終わりの大きい案件」より「1つの報酬は少なくても定期的な案件」をリピートで請け負う方がトータルで収入が増え生活が安定することも。

streamlinehq-designer-color-palette-2-design-400.png

SNSの「●●できないと仕事がない」はウソ


1. コーディングが苦手ならパートナーを探せば良い

SNSやオンラインでフリーランスさん同士で繋がることもできます。
発注のサポートやディレクション目線は、デザイントーストで学びましょう。



2. 両方できる人は、現実には少ない
自称「どちらもできる」人は「どちらも微妙」な人が多い。
長く経験がある人は、オールマイティーにできることもあるが「どちらの方が得意」という専門を持っている人が多い。



3.技術スキルは覚えて終わりではなく、キャッチアップが必須
コーディングが一度完璧になっても、勉強会に参加するなど、アップデートは必須です。


両方できる人材を求める案件は、条件が悪いことが多い。
「専門的なデザイナー」を求める質のいい人と仕事をしよう

全てではないが、採用経験がある人なら「色々できる人は広く浅くしかできない」と理解している人が多い。請け負うボリュームが多い程、分業の方が効率が良いので、中~大企業や規模の大きい条件の良い仕事ほど、専門スキルを求められ、広く浅く人材を求める案件は、納期や修正回数など条件が悪いことが想定的に多い

streamlinehq-people-3-users-400.png
5585658_edited.png

1.「私は●ができる」と言えるくらいの強みを1つ持ってから違うスキルを身に着ける方が、成長は断然早い。
2.「自分の得意」に魅力を感じてくれるに出会うために発信等を行おう

どんなに多くスキルをつけても、自分を高く売れるスキルがなければ、
コーディングを覚えようが、デザインをやろうが結果は同じです。

当校では自分の強みを知り、自己ブランディングを行い「好きな事で、食べていける」クリエイターを目指します