FAQ

よくあるご質問

 
 
03.png
02.png

1. 初心者です。どのくらいの期間学ぶべき?

状況や優先事項に応じて色々な選択肢があると思います。

なりたいものがフリーランスになのか、転職したいのかや、それに応じた一番効率的でストレートに目標ゴールを達成できる生徒さんの目標に応じた成長・学習プランをたてることからクラスを始めていきます。

例えば、デザインが初めての方で、フリーランスでスキマ時間に副業したい、という方だったら基礎3か月+独学を頑張るなどでも、受講中に案件を獲得してそのままデザイナーとして収入を得る方もいます。

ですが、一般的には時間をとにかく最短で目指したいのであれば、

1. 最短転職コース(6か月)→転職・独立

2. 基礎は自分で行う+応用3か月 →転職・独立

3. 基礎3か月を受講中に自分で独学 →未経験OKの会社に勤める(レベルが低い会社の可能性もあるのであまりお勧めしません)

などが最短ケースです。新卒や24歳以下などであれば、未経験OKで育ててくれる会社もあるかもしれませんが、それ以外の方は最低でも半年間はしっかり時間をかける方が道が拓けやすいです。

スクールに頼って受身になると上達が遅くなる傾向が誰でもあるので、自由課題を積極的に行い、メンターに沢山質問レビューをもらうなどスクールをうまく利用し、勉強を進めると良いですよ。

 
 
 
 

2. コース参加者はどういう人が多い?

性別・年齢層はとても幅広いですが、

2021年3月現在は、Proコースは転職希望の20代の方などが多くいます。海外でパートナーさんが駐在員で現地で自身も収入を作りたい、と思っている女性の方等も多いです。

​積み上げフィードバックコースは、フリーランスのフロントエンドエンジニアさんでデザインもできるようになりたい方、SNSマーケティングをしていてデザインを自身で行いたい方、既にプロのデザイナーとして働いて長いが周囲に先輩がいないからと受講されることが多いです。

とはいえ、その時々でメンバーは全然違うので、気になる方はカウンセリングでお話します!

 
 

3. 安いスクールと、DesignToastとの違いは?

スクールが安価にすむ理由は、

1. ビデオ録画視聴することで人件費を節約している

2. サポート講師が実務未経験、または卒業生をそのまま講師として雇用している

等がほとんどです

「1. ビデオ録画視聴することで人件費を節約している」

これについて、デザイン学習においては、ごく初期の入門期間を除いて独学は相性が良くありません。ビデオ録画を視聴するクラスはツールを学ぶのには最適ですが、その後はお勧めしません。

デザイントーストも基礎入門コースではまず、ソフトの使い方を解説動画にそって課題制作を行います。まず学ばなければ(インプット)、オリジナル制作(アウトプット)はできないためです。

しかし、インプットばかりでは受動的になってしまうので3-5つの動画解説&課題制作に対し、答えのない応用課題を1-2つ行い必ずアウトプットをし、メンターにチェックをしてもらうというシステムをとっています。

2. サポート講師が実務未経験、卒業生がそのまま講師になった

安値のスクールに限らずほとんどのスクールに言えることですが、元受講生が卒業後に実務未経験のままアルバイト講師をしていたり、スクールを卒業したばかりの実力のないメンター講師がポートフォリオ審査などなく「現役デザイナー講師」と名乗り勤務しています。

同じ「現役デザイナー」でも、デザイントーストは

・5年以上の経験があるメンター

・厳正なポートフォリオ実績チェックを通過したメンター

​・デザインの良し悪しを感覚ではなく、分析・言語化し、受講生を正解に導けるコミュニケーション力

を重要視しています。

そのため、受講いただいた方には満足度がとても高いです。安価に始めたいという思いにこたえて、積み上げフィードバックコースをオープンしました。

 
 
 
 
 

4. 継続率は?

現段階では、コースを最後まで受講継続できなかった人はいません。また、ありがたいことに、コースを受けて別のコースも継続したいとリピートしてくださる方も多いです。

始めてみて、想像以上に楽しい!と言って継続してくださる方が多いです。楽しさはモチベーションや上達に直結するので、自分の好きな課題や色々な媒体・商材のデザインを積極的に挑戦してもらうカリキュラムも理由の一つだと思います。

デザイントーストのカリキュラムでは、頻度高くメンターがレビューを行ったり、オンラインにも関わらず身近に共に頑張れる仲間の姿が見えやすいなど、受講生のモチベーションアップのために多くの工夫を施しています。

 

一人で黙々と「カリキュラムをただこなすだけ」よりも数倍上達が早いですよ。

 
 
 
 

​5. 良いスクールを見分ける方法って?

信頼でき、成長できるスクールを見分ける方法は、

● 添削・フィードバックのあるスクール(デザインは添削なしでは確実に上達しません。ないところは、ソフトを習うだけだと割り切った方が良いでしょう)

● 分からない時、気軽に聞くことができる環境

● 講師が現役であること

● 講師が制作会社などで、クオリティの高いデザイン制作を行った経験が豊富であること

特にWEBデザイン・UI/UXデザインなどのIT業界はトレンドや移り変わりが早いので、スクール講師が現役ではない場合、数年前の全く使えないスキルを教えられる可能性もあるので注意です。

 
 
 
 

6. 無料カウンセリングを受けたら入学しないとダメ?

いいえ、当然そんなことはありません。

ただの説明会だと思って、お気軽にご予約ください。

勧誘はしないのはもちろんですが、逆に、別のスクールさんとのカウンセリングも同時に受けてみて比較をおすすめします。

できれば自分を教えてくれる講師の方から直接話が聞けるところがいいかもしれません。

カウンセラーがどれほど感じがよくても、教えてくれる方と話さないと、実際に受講して話が違う、となってしまう可能性もあります。

 
 
 
 
 
 

7. 各コースの違いは?

【レッスンコース】

デザイン表現と、分析言語化・プレゼン等の自身の制作価値を上げるスキル鍛錬を盛り込んだ、短期集中本気コース。

転職・独立、デザイナーの将来目指すところなど、ベースにある考え方・知識も学びます。

【ラボコース】

レッスンコースからデザイン制作課題+Slack課題のみを抜き出したコース。

職人的に「とにかく手を動かしてものを作りたい!」という人向け。

​比較表は こちら>

具体的に違うところは、

● レッスンコースにしかないもの

・少人数レッスンあり。他の人の作品添削を見れる

・週2回メンターと話せるもくもく相談会あり

・デザインのコツ・おすすめフォントや転職についてのスライド見放題

・卒業前の個別転職相談あり

● 全てのコースにあるもの

・オリジナル課題提供

・Slackレビュー

・インタビュー配信コンテンツの視聴(月2回)