• Hori

レトロな世界観のタイの音楽レーベルRats RecordsとPhum Vimprit/むしゃむしゃデザインニュース

デザイントーストのチーフメンターほりが、毎日ちょこっとデザインニュースを紹介します。おやつにどうぞ!


今日ご紹介するのは、

Rats Recordsさん

タイ・バンコク発の音楽レーベルです。


Rats Records のInstagram









有名なのはPhum Viphurit氏のMV

タイで大人気のPhum Viphurit(プム・ヴィプリット)氏のMVを多く手掛けます。


Phum Viphuritさんてどなた?という方に・・・



2021年5月現在7589万回(!)という視聴回数のミュージシャン。


今、タイで最もインターナショナルに受け入れられている1人かと思います。

(バンコクの空港でSIMを購入した時、タイ人スタッフにYoutubeでPhum氏の曲を再生しチェックされたので、ローカルの人気も高いっぽい)


アジア各国でツアーにフェスに引っ張りだこ。1ヶ月で21公演というヨーロッパとアメリカ・ツアーを成功させました(アメリカ・ツアーは全公演ソールドアウト!)


最も知られている有名曲がこちら、Lover Boy

Phum Viphurit - Lover Boy

全英語詩で英語めちゃくちゃうまく音楽がいいのはもちろんのこと、

MVやクリエイティブのセンスが全て統一されていて、90年代シティポップ風?とてもかわいい。


今シティポップの波がきていますが、Phum氏はその枠にだけ収まらず、

わが道を行く…ように見えるのは、

Rats Rescordsの作り上げる世界観を主軸に、彼が活動し続けているのは大きい。


このMVなんかもめちゃくちゃレトロで、90年代の日本みたいな感じのノスタルジー。

1シーン1シーンがレトロで可愛らしい。


Phum Viphurit - Long Gone





Phum Viphurit - Hello, Anxiety

普通に笑顔でギター弾いてたはずが、いきなりディスコになって踊り出します。

遊び心・・・!




Phum氏から考える言語・文化・アイデンティティ

個人的に一番感銘を受けるのは、彼のスタイルです。


9歳から高校卒業までをニュージーランドで過ごしたとのことで、

こちらのインタビューでも言っているけど、彼は「基本ニュージーランドにい続けたかった」と言っています。


日本もアジア全体もそうですが、

タイも英語話す人に対して「調子乗ってる」と思う空気がある、らしい。(知人のタイ人曰く)


個人的な話ですが、私は日本でもプレッシャーを感じたことは少なくなくて、


カフェで英語で話していても、

「俺ティッシュをティシューとか言う、調子乗ってるやつ嫌いなんだよね」と言われたり

(当時一緒にいた人は、第一言語が英語のアジア人だったため、日本語で話すと伝わらなかったので、全て語で会話をしていた)


他にも、「外国人の友達とつるんで楽しい?日本人だから日本人といればいいのに」と言われたり


別の友達に「気にする必要ないよ」と言われても、

居心地が悪くて、何か言われそうな場所や人がいる時、電車の中などでは、英語を小声で話したりするようになっていました。



だから、Phum氏もタイ人の見た目をしていて、タイ人として有名になっているけど、

タイ語の読み書きはできるのか分からないし、

タイの文化やコミュニケーションはおそらく中途半端にしか、知らなかったりするんじゃないかと思うんです。(予想ですよ)


アメリカで生まれ育った日本人でも、日本語は完璧に話せない人の方が多いと思うんですけど、周りはそうは思わない。

「タイ人なんだからタイ語の歌をもっと出したらいいのに~俺たち仲間だろ~タイを愛してないのか~」

的なプレッシャー、絶対あると思うんですよ・・・



しかし、それでも!!

彼は英語詩で歌を歌いつづけているし、

バンコクのライブのMCでは全て英語で話してくれていました。

(タイ人に基本英語は通じません)


当時、この人強いなあ・・・と思ったし、

自分のペースを貫き通す(ように見える)彼は、

私にとってホープであり、第一線で活躍し続けてほしいアジア人の一人です!!!がんばれ~~~~!!!


Phum Viphurit のInstagram / Twitter



THE COLORS SHOW出演の様子。 次は是非NPR Tiny Deskに出てほしい…………!!!!



ーーー

毎日のむしゃむしゃデザインニュース更新をお知らせ!


デザイントーストのTwitterもぜひフォローしてくださいね~

ほり


※LINEで気軽に質問できるようになりました











14回の閲覧0件のコメント