About

 

いま日本には、世界のどこでも通用する

デザイン教育を提供する場がない。

 

海外から日本に帰ってくると、いつも違和感をもつ事がひとつあります。それは、「働いている人たちが、ロボットのようだ」ということです。

顧客に満足してもらうためでもなく、ただ自分の個性を出さず、主張せず、「上に言われる、間違いのないこと」を正確に行います。

これは「自己を持たない教育法」による産物だと考えています

東アジアの教育は「何のためにこの作業を行うのか?」を思考・理解しないまま義務を受け入れるストレス耐性が強い傾向があります。

 

しかし、その中でも日本は異例の我慢強さを持っています。
 

これは、デザインの現場でも起こっています。多くのデザイナーは自己を持つことを良しとされず、ブレーンを持つ人の言うことをただ行う、という機械的作業を求められます。

これは世界で稀に見る思考と言えます。

 

多くのスクールが、消費者に向けて時代遅れの教育を続けてきた

長い間日本のクリエイターは、売上や経営に利益をもたらすものと認識されないことに意義を唱えてきませんでした。

意志を持つデザイナーが邪魔とすら思われていたでしょう。

しかし、今、個の時代に活躍するデザイナーは自身の価値に気づき、表現を行います。大手企業の求める「日本人らしく、ブレーンのない」人材とは正反対です。

ここに人材を送り込む多くの「スクール」と呼ばれる教育機関は機能していたかもしれません。しかし、今は

 
 

デザインで、見た目を操り、印象の設計計画を行う

欧米では、企業のトップや政治家に対しスタイリストが服装をきちんと指南するという仕事がまずあります。

おしゃれだね!と言われるようにではありません。

私たちの国のトップがもし、髪の毛がぼさぼさで、ホームレスのような恰好をしていたらどうでしょう?

プレゼンをしても説得力がなく,強い言葉を使ってもパワーが伝わらないどころか、品のない印象を与え、結果リスペクトを得られません。


一方、日本の政治家は「どういう風に見せたいか」がなく「ルールだから」思考停止してスーツを着ているのみで、ビジュアルの設計はそこにありません。「見た目じゃない。中身が良ければ良い」意識から進化しないため、今この瞬間も世界標準から引き離され続けています。

この「見た目にともなう設計・計画の大切さ」を大きく欠いている日本の現状は、クリエイティブに対する低評価に表れており、クリエイターの待遇の低さにも大きく関係しています。

 
 

皆に「いいね」と言われるより、少数に「絶対にあなたがいい!」と言われるクリエイターに。

最初に「自分の形を変えることなく、もともと自分を好きな人に見つけてもらう」と言いましたが、デザインにおいての話もしましょう。

クライアントワークでは、相手にイエスマンで答え続ける限り、愛されます。でもそれって、あなたではなくてもいいはずです。
クリエイターという性質上、身一つで受けられるお仕事に限りがあり、深く関わる数少ないクライアントの質を上げていくことになります。


今は、個の時代。全てのスキルが平均点以上でないといけなかった時代は終わり、企業という大きな組織に愛される優等生でなくても、結果を出せるようになりました。

では、いま私たちがすべきことは何でしょうか。

 

思考停止せず自身の価値を証明する、多様な次世代のクリエイターに

それは、アーティストであろうと、ビジネスパーソンであろうと「価値をつくること」に他なりません。

私たちは、「価値をつくる」すべての次世代のクリエイターを育てるため、デザイントーストを立ち上げました。

アーティストであれば、自分の強みを伸ばし、自分を評価してくれる相手に見つけてもらい、高く評価してもらうこともよいですし、

ビジネスパーソンであってもありのままの自分のクリエイションを価値にするため、説明相手に合わせ表現を変えることもあるでしょう。

日本の劣悪な制作現場では、多くの才能のあるクリエイターが、鬱になったり、現場の厳しさから道を諦めた人も多くいます。

私たちの尊厳や個性を認めてもらうために、この状況をアップデートしていくことに一歩を踏み出します。

ここでは誰ひとりとして同じ結果にならず、同じ作品になりません。みんな違って、みんないい。

技術だけや、ツールの使い方だけを解説する多くのスクールが、単純作業デザイナーの大量生産工場であるなら、デザイントーストは、その人という"個"に向き合い、デザインに留まらない個性・長所を育てます。

 

人として自分らしく生きる、全世界で通用するクリエイターに。世界への扉を開こう。

こおこでは、受講生一人一人が自身で考えられ、待ちの姿勢ではなく「私のできることはこれです」と能動的に動き自立するよう、導きます。

多様性を目指す社会を全世界が目指している中、

私たち一人一人が、多様な生き方を体現することに大きな意味があります。

努力次第で自分の得意を評価され、あなたがあなたらしく、そのままで幸せになれる社会を作りたいと強く願い、私たちもクリエイターとして、前進します。

速いスピードで動き続ける世界に向かい、最初の第一歩を踏み出しましょう

 
 

みんなに愛されるデザイナーにならなくてもいい。
「あなたがいい」と言ってくれる人に会いにいこう。

 
Image by Vadim Sherbakov